全作品・目次

Welcome

NOMUSIC NONOVELへお越しいただきありがとうございます!
当サイトは創作小説サイトです。同性愛・軽い性描写がありますので、嫌悪を抱かれる方は閲覧をご遠慮ください。
ひとつでも心に残る作品があれば嬉しいです。

 

小説のご案内

今回UPするにあたって推敲してるものもあります。
R15・18だというものに☆をつけてあります。苦手な方はお気をつけ下さい。

middle story

下手くそラブソング(2014・2〜2014・3)
(イケメン高校生×冴えない高校生/コメディ)

昼休みの終わりかけ、急な尿意をもよおし、トイレに行っておこうと小走りで教室を出たら、一人の男子生徒とすれ違った。その三秒後、忘れ物をしたかのように腕が突然掴まれ……。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 最終話

 

くまの熊野(2014・3〜2014・4)
(後輩×先輩/切ない/くまのぬいぐるみ)

神様、もし願いが叶うなら、あいつを、熊野をもう一度この世に――。
別段愛想も面倒見も良くない太一に懐いてくれていた後輩の熊野は、交通事故で命を落とした。その悲しみにくれる太一の前で、突然くまのぬいぐるみが動き出して……。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 最終話

【番外編】プラモの太一

 

☆おれとお前のラブゲーム
(ヤンキー×ヤンキー/コメディ/高校生/下品)

「あゆむ、オレの彼女になって」
「んー? 最近耳掃除してないから、よく聞こえなかったんだけど……」
「耳掃除ならオレがしてやるよ。それとも舐めてやろうか」
「……ケンジ」
【概要】
男らしいヤンキーになりたいあゆむだが、友人のケンジから告白されたことによりどんどん妙な方向へ突っ走っていってしまうアホエロコメディ。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 最終話

 

おれの弟はダビデ像(2010・8~2012・8)


(突然できた弟がハーフで金持ち/コメディ/高校生/豪邸)

「お帰りなさいませ。渉様」
目の前にはタージ・マハールのような白亜の宮殿。
広大な敷地に広がる英国風庭園の中にその豪邸はそびえていて、扉に繋がる長い一本道には、メイド服を着た女性やら男性やらが並び、お時儀をしながら一斉に挨拶をした。
【概要】
渉は親の再婚で貧乏生活から一転、西園寺家の豪邸に住むことになってしまった。再婚相手も同い年の息子がいると聞いて戸惑う渉だが、予想以上に波乱万丈な生活が待っていた。

1  / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 最終話

 

 long story

ロストマン(2010・5~2010・9)


(シリアス/ファンにレイプされた主人公/バンド/ストーカー)

相原佐助 二十一歳 職業バンドマン
昨日オレは人生最大の汚点を残した。
【概要】
サスケはバンドでボーカルをやっている。しかし、ある行き過ぎたファンに歪んだ愛情を抱かれレイプされてしまう。何があったか本当のことを言えないサスケを、バンドメンバーたちは支えあうが……。

1・酒とタバコとセックスと~5・土曜の準備/ 6・代々木公園にて~10・感謝?/ 11・ライブ~14・襲撃/ 15・危機~18・ゲットバック/ 19・長い幼年期の終わり/ 20・一夜明けて~25・ありがとう/ 26・心のゆくえ~30・救いのない世界/ 31・潮騒~最終話・3年後

【番外編】ロストマン楽譜/ キャラクターアンケート3位・アツシ「楽譜はこうしてたまってゆく」/ロストマン漫画(作・そら様)

 

止まない鼓動(2012・9)

*「ロストマン」番外編 ~スバル視点で語られる彼らの空白の三年間~

1~4/ 5~9

 

Idiots&Idiots(2010・9~2010・12)


(バンドマン×バンドマン/ゲイに悩む高校生/バンド/トラウマ)

「オレらのギタリストは永久欠番だ」
おれが死んでもこんな風に想ってくれる仲間がいれば
こんな風に想い合える仲間ができれば
【概要】
高校生の音羽(オトワ)はゲイだということに劣等感を抱いている。それでも、大好きな音楽を奏でているときだけ自分に自信が持てる。軽音部に入部してからは、超オレ様なキリシマや優しいヒロムたちと一緒に音楽をやり始めたが……。高校生達の疾走する青春時代。

プロローグ・ことの始まり~5・祝杯/ 6・何よりもこわいこと~10・香水/ 11・最悪なやつ?~16・希望の代償/ 17・コンテスト~22・青春真っ只中/ 23・デート~28・離れるほど近く/ 29・コスモポリス~エピローグ・動き出す未来/
【番外編】おれたちムーンライダーズ / ☆その後の二人 / ☆どこまでもリバな僕ら / ☆キリシマは実のところどこまでエロかったのか / 動き出す未来(ボツバージョン)/ バレンタイン

 

atoms for peace(2010・09~)


(金髪×黒髪/SF/核/強姦・暴力表現あり)

「オレはあいつにもう一度会いたいだけなんだ」
――高鳴るこの胸の痛みの理由を知りたい。
【概要】
AD2101年、連合国対枢軸国で核戦争勃発。戦争終了後、人は戦争の残骸の残る大地を見捨て、空へと移住した。その五十年後、キースは一人の青年と出会う。その青年は、都市の人間にはない黒髪をしていた。

序章~メトロポリス1~5/ トレーディング・センター/ 3/

 

☆無常の花(2010・10~2011・3)


(ヤクザ×大学生/強姦・暴力表現あり/純愛)

或は露落ちて花残れり
残るといへども朝日に枯れぬ
或は花しぼみて露なほ消えず
消えずといへども夕べを待つことなし
――鴨長明『方丈記』より
【概要】
大学生の優樹は、チケット欲しさにダフ屋の孝太と知り合う。孝太に友達になってくれと言われ、始めは戸惑うも違う世界で生きる孝太に少しずつ興味が湧いてくる。好奇心か、同情か、それとも違う何かなのか、人間の強さと儚さとともに、優樹はゆっくりと知ってゆく。

1章 百花斉放 ~魅せる花~/ 1  / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
2章 鏡花水月 ~惑う花~/ 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
3章 落花流水 ~堕ちる花~/ 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21
4章 飛花落葉 ~無常の花~

 

夏の薫り、辿る道(2011・05~2011・07)


(高校生/片思い/夏休み/花火)

零れた言葉とともに、頼りない手首を引き寄せた。
このままでいられたらいいのに。となりに、いつもこうして日向がいてくれたらいいのに。
【概要】
クラスメイトからはクールだと思われがちな小嶋。自分とは真逆な日向と接するうちに惹かれていく自分に気付くけれど、男に恋をしてしまった気持ちが信じられずに葛藤の日々が始まる。

1~5/ 6~10/ 11~15/ 16~20

 

☆呼子鳥~僕を呼ぶ声~(2011・08~2013・06)

*「夏の薫り、辿る道」続編ですが読んでない方でも大丈夫です
(大人びた高校生×へたれた高校生/惑う心)

きみが呼ぶ声、おれはいつも嬉しくなる。
大人びたきみが、子供みたいに顔をほころばせるから、おれたち、いつまでもこのままでいられると思ってた――。
【概要】
片思いを経て、両思いになった小嶋と日向。
理想と現実のギャップ、友情と愛情の狭間で揺れ動く心、十七歳という繊細な年代の中、男同士というハンデを乗り越えて辿り着く先は……。
二人がくっつくまでに興味がある方はこちら「夏の薫り、辿る道」をお読みください。

1~5/ 6~10/ 11~15/ 16~20/ 21~25/ 26~30/ 31~35/ 36~40/ 41~45/ 46~50
【番外編】 作品投票一位企画「初詣」/ キャラクターアンケート一位・小嶋 「日向の財布の中からコンドームを見つけてしまった件について」/☆キャラクターアンケート二位・日向 「初体験(R18)」/

 

☆ライオット!(2011・04~2013・08)


(殺し屋×殺し屋/コメディ/強姦・暴力表現あり/暗い過去)

怖い。死にたくない。こんな終わり、嫌だ。
そう思い必死に逃げるけれど、サングラスをかけた男に引っ掴まれ倒される。すかさず右手の銃を奪われ、馬乗りされ顔の目だし帽をひったくられた。
【概要】
辛い過去を持つハルと、敵フジノ。しかしその裏には思いがけない因縁があった。そんなシリアスでありながらおちゃらけてる、なんちゃって殺し屋の悲しく切ない恋物語。(嘘)

1~5/ 6~9/ 10~13
【番外編】 クロウはこうしてパトロンを手に入れた

 

☆SWAP(201?)


(サスペンス/医者と大学生/暴力表現あり/視点入れ替え)

――どこなんだ、ここは……。

暗くて辺りがはっきりしない。明かりといえば遠くで揺れる蝋燭の炎だけだ。おれは壁の端まで這いずり、あるはずの電気のスウィッチを手探りで見つけようと試みた。頭が痛くて立ち上がるのも辛いが、眩暈を感じながら壁づたいに床を踏みしめる。
【概要】
記憶がおぼろげな二人の男が、大きな洋館に閉じ込められていた。目的も、犯人も不明な極限状態の中で、何とか謎を解明しようと試みるが……。

1・始まり~6・風呂場/ 7・生首~12・譲歩/ 13・素性~18・本能/ 19・抱擁~24・接点/ 25・移動~30・写真/ 31・口付け~35・誤算/ 36・形勢逆転~最終話・おかえり/

 

☆初期衝動(2011・08~2012・11)


(ボーカル×ギター/幼馴染/バンド/ニルヴァーナ/なんだか鬱展開)

全て忘れてしまっても
おれがお前を忘れない。
【概要】
タケルとテンジンは幼馴染として育ってからずっと一緒にいて、中学生になってからはバンドを組むようになった。しかし、ある日突然テンジンは姿を消してしまい……。

Lithium(リチウム)1~4/ Come as You Are(お前のままで)1~2/ Negative Creep(ネガティブ・クリープ)/ Smells Like Teen Spirit(十代の頃のように)1~4/ Smells Like Teen Spirit(十代の頃のように)5~9/ All Apologies(ゴメンな)/カート・コバーンについて

 

☆あの空の向こうへゆこう(2013・08~2013・12)

未練★★★ 切なさ ★★
(カメラマン×モデルの卵/未練/海外)

この歌を聴くと、今でもきみに会いたくなるよ。
きみの好きな歌だから、長い間聴かずにいたけれど。
【概要】

1~3/ 4~7/ 8~11

 

☆瞳閉じれば(2014・01~)

BL★★ 切なさ ★★
聴覚障害/中学生/幼馴染み
【一章】1~5/ 6~10/ 11~15/

 

short story

バーバリーのマフラー
(ゲイ×ノンケ/大学生/片思い/切なめ/好きで好きでたまらない想い/めげないぞ)

真空に溶けてゆく息はいつも純白だった。
大学の休み時間、タバコを吸いながらお揃いのマフラーに鼻をうずめる。
こうも寒いと、一層恋しくなる。
体温、鼓動、まっすぐ見つめるまなざしだけでもいい。きみが吐く息の温かさを、おれにもください。
【概要】
吉沢弥彦は友人の哲平に高校から片思い中。同じ大学に進み、毎日アタックを続けるが……。

スロウダイヴ
(弟と兄/大学生/引きこもり/シューゲイザー/モラトリアム/鬱展開)

そのときちょうど、音が鳴り止んだ。
あとには喪失感と俺達の吐息だけが残った。
波紋がゆっくりと引いてゆく。
現実の世界が幕を開ける。
【概要】
結人の兄、アサトは引きこもりだ。しかし、引きこもりながらも好きな音楽を創ってお金を稼いでいた。結人はそんなアサトを慕うただ一人の理解者だったが、自身が就職活動をするときになり、自分が何をしたいのか分からなくなってしまった。そこで結人は、ある決心をするが……。

ネバーギブアップ!
(大学生/片思い/切なめ/好きで好きでたまらない想い)

 

さよなら、ファインマン
(中学生/卒業/先生と生徒/物理/ストイック)

先生 おれ 知りたいんです
どうして人は愛するのでしょうか

無敵の存在
(いじめっ子×いじめられっこ/大学生/再会/アホだけど憎めない子)

秋山みひろはアホだ。もう、アホ、バカ、救いようもないほどバカ。テストはいつも白紙だし、ノートなんか真っ白だ。
【概要】
アホすぎる秋山みひろは皆からいじめられていた。しかし、みひろはいじめられていることすらわからなかったので、毎日笑顔で学校へ来ていた。ずっと同じクラスだった慎之介は懐いてくるみひろに惹かれていたがそれを表すこともなく、みんなと同じように邪険に接していた。しかし三年後、みひろから突然手紙が送られてきて……。

Field of Heaven
(海外/モラトリアム/社会人/青春/どこにも辿りつかない想い)

 

きみのためにできること 前編 / 後編
(海外/自分探し/孤独/青春/友情)

ゆうへいがじっとその黒い瞳を向けているのがわかった。僕はそれに視線を合わせないまま、ずっとタバコを見て呟いてた。自分自身に語りかけるように、ゆうへいに話しているなんて思わないように。そうしないと、本音を話せない気がした。僕たちのタバコは、吸わないまま灰になって燻っていた。
【概要】
ワーキングホリデーで海外のファームで働いているかなたは、これからの生活について心に闇を抱えている。そこへ、一見能天気なゆうへいがやってくる話。

 

☆see you tomorrow 前編 / 後編
(いじめ/高校生/孤独/友情/強姦・暴力表現あり)

 背筋が凍るような思いだったが、郁は大賀の前から動かなかった。
 チャイムが鳴りみんな席に着いても、郁は最後まで大賀を庇うように立っていた。
【概要】
仲間はずれにされたくない一心で、同級生からのセクハラに耐えていた郁だったが、クラスメイトの大賀にその場面を見られてしまう。毅然とした態度の大賀に、郁は憧れを募らせてゆく話。

 

☆CDショップ店員になりました 前編 / 後編
(ツンデレ×おバカ/コメディ/社会人/青春/音楽/友情)

お前がみんなからの信頼をなくしたとしても、おれだけは味方でいてやるぜ、ちくしょう。
さんざんな入荷日だったけど、良いことも少しあったのかも。
【概要】
夢に熱い男、洋楽ロック担当の大川と、現実を見据え冷めている、洋楽ダンス担当の藤堂の、てんやわんやなCDショップでの日常。というか友情の話。

 

PIXIVにも投稿しています(おおきく振りかぶって、進撃の巨人)。

 

タイトルとURLをコピーしました