海外

短編小説

Field of Heaven

本当に、自分が自分らしくいられる場所。 いったいどのくらいの人間が、たどり着けるのだろう。
短編小説

きみのためにできること・前編

つらいとき、きみの姿を思い出してた。 本当に一人になって、寂しくて耐え切れなかったときは、きみがずっと見つめて話を聞いてくれていたこと思い出してたんだ。 だから、僕は今笑顔で、こうしてきみと――。
タイトルとURLをコピーしました